ソケイヘルニア

ソケイヘルニアとは

ソケイヘルニアとは
ソケイヘルニアとは
俗に言う“脱腸”です。ソケイは漢字では「鼠径」と書き、腹部と大腿の境の内側、わかりやすくいうと「足の付け根部分」のことをいいます。また「ヘルニア」とは、体のいろいろな部分で臓器または組織が飛び出した(脱出した)状態を指します。つまり、脱腸=鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とは、鼠径部(足の付け根)のすきまから、内臓、多くの場合は腸が飛び出した状態になる病気です。脱腸=ソケイヘルニアは子供にだけ起こる病気だと勘違いしている方もいますが、40歳以上の男性にも多く起こる傾向があります。また、男性だけでなく女性にも起きる病気です。

ソケイヘルニアとは

俗に言う“脱腸”です。ソケイは漢字では「鼠径」と書き、腹部と大腿の境の内側、わかりやすくいうと「足の付け根部分」のことをいいます。また「ヘルニア」とは、体のいろいろな部分で臓器または組織が飛び出した(脱出した)状態を指します。つまり、脱腸=鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とは、鼠径部(足の付け根)のすきまから、内臓、多くの場合は腸が飛び出した状態になる病気です。脱腸=ソケイヘルニアは子供にだけ起こる病気だと勘違いしている方もいますが、40歳以上の男性にも多く起こる傾向があります。また、男性だけでなく女性にも起きる病気です。

症状

立った時やおなかに力を入れた時、太ももの付け根付近(鼠径部)が“ぷっくり”と膨らみます。最初はピンポン玉くらいだったものが、時間とともに大きくなり、コブシ大になることもあります。そして最大の特徴は手で押さえたり、寝転がってしまうと引っ込んでしまうことです。ただし、「かんとん」といって、いままで押せば引っ込んでいたものが、引っ込まなくなり痛みを伴うようになる場合もあります。女性のソケイヘルニア(脱腸)の場合、膨れるという症状より、痛みのほうが強く現れることもあります。

原因

おなかの臓器は腹膜という膜で覆われています。さらにその外側を筋肉が覆っています。 足の付け根には、この筋肉が弱くなっていたり、隙間が出来ている場所があり、ここから腹膜と一緒におなかの内容(脂肪や腸など)が飛び出すと、“ヘルニア”という病気になります。

治療法

治療法
ヘルニアの状態や、患者さまのご希望を伺い、以下から最適な術式を提案させて頂いております。

【リヒテンシュタイン法(Lichtenstein法)】

1989年に米国のIrving Lichtensteinによって考案された手術方法です。メッシュを使う方法のなかで最も代表的な術式で、鼠径ヘルニア治療に関する国際ガイドライン(International Guidelines for Groin Hernia Management)で推奨されています。四谷メディカルキューブでも鼠径部を切開する術式としては、リヒテンシュタイン法を基本の術式としています。手術は、弱くなった部分をシート状のメッシュで覆う方法です。 イメージとしては、メッシュで蓋をする感じです。ダイレクトクーゲルやメッシュプラグ法と異なり、弱くなった部分の上にシートをおいて補強するため、前立腺がん術後の患者さまにも行うことができる術式です。術後のキズは腹腔鏡手術と比較すると若干大きくなりますが、下着に隠れる場所にキズ痕が少し残る程度のため、殆ど目立ちません。

【ダイレクトクーゲル法】

ダイレクトクーゲル法はメッシュで弱った部分を下側から補強し、腸などが出てくるのを防ぐ手術法です。術後のキズはリヒテンシュタイン法と大きく変わりません。

ダイレクトクーゲル法

【メッシュプラグ法】

メッシュプラグ法は傘状のプラグ(栓)を、小腸などが出てくる筋膜の弱い部分に入れて腸などが出てくるのを防ぎます。 ヘルニアの種類と穴の大きさによってはこちらの術式が選択される場合があります。術後のキズはリヒテンシュタイン法と大きく変わりません。

メッシュプラグ法

【腹腔鏡下ヘルニア修復術(腹腔内到達法TAPP法、腹膜外到達法TEP法)】

腹腔鏡を用いてヘルニアを確認し、ヘルニア部分に出ている腸と腹膜を内側に戻し、ヘルニアの穴を確認して、腹膜と筋肉の間にメッシュをおいて固定します。(図1)

腹腔鏡下ヘルニア修復術(腹腔内到達法TAPP法、腹膜外到達法TEP法)

● 腹腔内到達法TAPP法

お腹の中に二酸化炭素のガスを入れて、カメラを挿入してお腹の映像をテレビモニタで見ながら、ほかに2か所のキズ(創:そう)をつけて、ここからマジックハンドのような器械(鉗子:かんし)をお腹に差し込んで手術を行います。(図2)手術創がある方や再発ヘルニアの方が、腹腔鏡手術を受けるにはTAPP法が適当と考えます。

腹腔内到達法TAPP法

● 腹膜外到達法TEP法

腹膜と腹壁の間に隙間をつくって二酸化炭素のガスを入れて空間を作り、ここに器械(鉗子)を差し込んで手術を行います。TEP法はお腹の中に直接器具が入らないため、術後に腸管の癒着が少ないと考えられています。(図3)以前にお腹の手術をして手術瘢痕がある人や、再発ヘルニアの場合は、癒着により腹膜と筋肉の間に隙間が作れないためTEP法はできません。

当院での治療法

腹腔内到達法TAPP法

お腹の中に二酸化炭素のガスを入れて、カメラを挿入してお腹の映像をテレビモニタで見ながら、ほかに2か所のキズ(創:そう)をつけて、ここからマジックハンドのような器械(鉗子:かんし)をお腹に差し込んで手術を行います。(図2)手術創がある方や再発ヘルニアの方が、腹腔鏡手術を受けるにはTAPP法が適当と考えます。

ヘルニアの状態、患者さまのご希望を伺い以下の術式の中から最適な術式を提案させて頂いております。

腹膜外到達法TEP法

腹膜と腹壁の間に隙間をつくって二酸化炭素のガスを入れて空間を作り、ここに器械(鉗子)を差し込んで手術を行います。TEP法はお腹の中に直接器具が入らないため、術後に腸管の癒着が少ないと考えられています。(図3)以前にお腹の手術をして手術瘢痕がある人や、再発ヘルニアの場合は、癒着により腹膜と筋肉の間に隙間が作れないためTEP法はできません。

リヒテンシュタイン法(Lichtenstein法)

1989年に米国のIrving Lichtensteinによって考案された手術方法です。メッシュを使う方法のなかで最も代表的な術式で、鼠径ヘルニア治療に関する国際ガイドライン(International Guidelines for Groin Hernia Management)で推奨されています。四谷メディカルキューブでも鼠径部を切開する術式としては、リヒテンシュタイン法を基本の術式としています。手術は、弱くなった部分をシート状のメッシュで覆う方法です。
イメージとしては、メッシュで蓋をする感じです。ダイレクトクーゲルやメッシュプラグ法と異なり、弱くなった部分の上にシートをおいて補強しますので、前立腺がん術後の患者さまにも行うことのできる術式です。

ダイレクトクーゲル法

ダイレクトクーゲル法はメッシュで弱った部分を下側から補強し、腸などが出てくるのを防ぐ手術法です。術後のキズは腹腔鏡手術と比較すると若干大きくなりますが、下着に隠れる場所にキズ痕が少し残る程度の為、殆ど目立ちません。

メッシュプラグ法

メッシュプラグ法は傘状のプラグ(栓)を、小腸などが出てくる筋膜の弱い部分に入れて腸などが出てくるのを防ぎます。ヘルニアの種類と穴の大きさによってはこちらの術式が選択される場合があります。術後のキズはダイレクトクーゲル法と変わりません。

腹腔鏡下ヘルニア修復術(腹腔内到達法TAPP法、腹膜外到達法TEP法)

腹腔鏡を用いてヘルニアを確認し、ヘルニア部分に出ている腸と腹膜を内側に戻し、ヘルニアの穴を確認して、腹膜と筋肉の間にメッシュをおいて固定します。(図1)

(図1)

腹腔内到達法TAPP法

お腹の中に二酸化炭素のガスを入れて、カメラを挿入してお腹の映像をテレビモニタで見ながら、ほかに2か所のキズ(創:そう)をつけて、ここからマジックハンドのような器械(鉗子:かんし)をお腹に差し込んで手術を行います。(図2)手術創がある方や再発ヘルニアの方が、腹腔鏡手術を受けるにはTAPP法が適当と考えます。

(図2)

腹膜外到達法TEP法

腹膜と腹壁の間に隙間をつくって二酸化炭素のガスを入れて空間を作り、ここに器械(鉗子)を差し込んで手術を行います。TEP法はお腹の中に直接器具が入らないため、術後に腸管の癒着が少ないと考えられています。(図3)以前にお腹の手術をして手術瘢痕がある人や、再発ヘルニアの場合は、癒着により腹膜と筋肉の間に隙間が作れないためTEP法はできません。

手術までの流れ

手術料金(概算)

手術までの流れ

手術までの流れ
手術までの流れ

1予約お申込み

お電話にて消化器外科(ソケイヘルニア)の受診予約をお取りください。
03-3261-0430(受付時間:9時~17時/日・祝除く)

2外来1回目

診察をして、手術を行うために必要な各検査を行います。
(次回の外来で検査を行う場合もあります。)
検査結果をもとに、患者さまにとって最適な治療方法をご提案させていただき、手術日を決定致します。

3外来2回目

担当医師より、手術術式や手術に伴う合併症などについて詳しくご説明致します。 また、麻酔科医師から麻酔方法などについて説明をさせていただきます。

4手術

手術当日に入院していただきます。手術は全身麻酔にて行います。通常、手術時間は約1時間前後、麻酔の準備と術後の覚醒時間をいれて手術室の滞在時間は1時間半程度です。

手術費用(概算)

手術費用(概算)
手術費用(概算)

ヘルニア手術

入院予定期間3割負担概算金額
2日間 10万円

※保険の負担割合は患者さまによって異なります。
※保険診療のため、高額療養費制度の対象となります。

術式入院予定期間3割負担概算金額(室料含む)
ヘルニア手術 2日間 ¥100,000

※保険の負担割合は患者さまによって異なります。
※保険診療のため、高額療養費制度の対象となります。

1予約お申込み

お電話にて消化器外科(ソケイヘルニア)の受診予約をお取りください。

03-3261-0430(受付時間:9時~17時/日・祝除く)

2外来1回目

診察をして、当日可能な検査を行います
他院からの紹介状や検査資料があればお持ちください。

3外来2回目

手術を行うために必要な各検査を行います。
麻酔科医師から麻酔方法等について、また入院期間の確認や支払い方法・持ち物をご説明致します。

4手術

手術当日に入院していただきます。
手術は全身麻酔にて行います。
通常、手術時間は約1時間前後、麻酔の準備と術後の覚醒時間をいれて手術室の滞在時間は1時間半程度です。

腹部ヘルニアとは

ヘルニアとは、体の組織や臓器が本来あるべき場所から飛び出てしまうことです。
腹部ヘルニアは、筋膜のゆるみにより腹膜と一緒にお腹の内容(腸など)が皮膚の下に脱出して膨らむ状態を指します。
自然治癒することはなく、根本的な治療方法は手術以外にはありません。
ヘルニアは発生部位によって名称がつけられていますが、当院で対象とする疾患は以下のとおりです。

 

・鼠経部(鼠径、大腿)ヘルニア
・閉鎖孔ヘルニア
・臍ヘルニア
・比較的小さな腹壁瘢痕ヘルニア、白線ヘルニア、半月状線ヘルニア など

 

 

 

鼠径部(鼠経・大腿)ヘルニア

<症状>
脚の付け根より少し上の部分に、特に立位で膨隆がみられます。仰向けの状態では膨隆が消失することが多いです。長時間の歩行や立位で違和感や痛みとして感じる方もいます。

 

<原因>
胎児期(お母さんのおなかの中にいるとき)に男性であれば睾丸、女性であれば子宮を支える靭帯が鼠径管(筋肉が重なり合ってできた筒状の)を通り陰嚢や恥骨結節に落ち込む際に形成される腹膜鞘状突起(鼠径管内に嚢状に脱出したもの)の開存、コラーゲン代謝異常、骨盤の解剖の相違、遺伝的素因が原因として現時点では考えられています。

 

<治療法>
鼠径部切開法と腹腔鏡手術を採用しています。
腹腔鏡手術は創が小さく痛みが少ないと言われていますが、鼠径部ヘルニアに関しては、その限りではないと考えております。
通常の鼠径部切開法は、創の大きさは4-5㎝程度です。
手術操作が確かであれば術後の痛みは軽度です。
また、患者さまによっては局所麻酔での手術も可能です。より侵襲は少なくなります。
手術方法は、受診時に患者さまと相談しながら決めていきます。

 

<手術費用>
入院予定期間:0~2泊
3割負担概算金額:13~14万

 

 

 

閉鎖孔ヘルニア

<症状>
症状がないことがほとんどであり、外見上はっきりとしたものを指摘できません。腸閉塞を起こすことで見つかることが度々あります。時には、大腿内側の違和感や痛みで発見されることがあります。
痩せた高齢の女性に多いとされていますが、その限りではありません。

 

<原因>
女性の方がほとんどです。女性の骨盤の幅は広く、閉鎖管入口部の開大により生じると考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

 

<治療法>
鼠径部ヘルニアとほぼ同様の手術となります。
鼠径部切開法と腹腔鏡手術とがあり、鼠径部ヘルニアの治療法を参照してください。

 

<手術費用>
入院予定期間:1~2泊
3割負担概算金額:10万

 

 

 

臍ヘルニア

<症状>
おへそが膨隆します。大きい人では、鶏卵大程度の大きさになる方もいます。

 

<原因>
肥満、高齢、肝硬変などによる腹水貯留などがリスク因子とされ、リスク因子をもつ人にコラーゲンの減少などがある人に起こるとされています。

 

<治療法>
基本的に開腹手術となります。
創は臍を切ることのみでできるため、通常、腹腔鏡は使用しません。
大きくない臍ヘルニアであれば、術後は手術部が臍のようになってしまうため、術後の創部とはわからなくなることも多いです。

 

<手術費用>
入院予定期間:2~3泊

3割負担概算金額:13~14万

 

 

 

腹壁瘢痕ヘルニア

<症状>
お腹の手術を受けた方で、創の部分が大きく膨隆します。

 

<原因>
あらゆることがヘルニアの成因となるため、簡単に説明することは難しいですが、患者さん側の要因(糖尿病、喫煙、肥満、慢性閉塞性肺疾患、ステロイド内服中、術後創部感染、腹部大動脈瘤術後など)と医療者側の手技的な要因(開腹法、縫合閉鎖法、縫合する糸など)が主に挙げられます。

 

<治療法>
開腹手術と腹腔鏡手術とがあります。
患者さまの状態に応じて術式を検討し、最善と考えられる方法を選択します。受診時に主治医の説明をよく聞いて手術を受けるようにしてください。
腹壁ヘルニアではメッシュを使用しますが、ヘルニアの大きさにより使用するメッシュを使い分けています。
腹壁ヘルニアは再発が多いため、専門施設での手術が薦められます。

 

<手術費用>
入院予定期間:2~4泊

3割負担概算金額:15~16万

 

 

 

手術までの流れ

1. 予約お申し込み
お電話にて消化器外科(ソケイヘルニア)の受診予約をお取りください。
予約番号:03-3261-0430(受付時間9時~17時/日・祝除く)

 

2. 外来1回目
診察をして、手術を行うために必要な各検査を行います。(次回の外来で検査を行う場合もあります。)
検査結果をもとに、患者さまにとって最適な治療方法をご提案させていただき、手術日を決定致します。

 

3. 外来2回目
担当医師より、手術術式や手術に伴う合併症などについて詳しくご説明致します。 また、麻酔科医師から麻酔方法などについて説明をさせていただきます。

 

4. 手術
手術当日に入院していただきます。
通常、手術時間は約1時間半前後、麻酔の準備と術後の覚醒時間をいれて手術室の滞在時間は2時間程度となります。