尿失禁(尿漏れ)

予約番号:03-3261-0414
(受付時間9時~17時/日祝除く)

監修
四谷メディカルキューブ 女性泌尿器科
藤﨑 章子 医師/下稲葉 美佐 医師

 

尿失禁とは

尿失禁とは
尿失禁とは
尿失禁(尿漏れ)とは、自分の意思とは関係なく、尿が漏れてしまうことです。命に関わる疾患ではないものの、多くの女性を悩ませる症状です。尿失禁には「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の大きく二つのタイプがあります。この両者を合併する混合性尿失禁の場合も珍しくありませんが、症状や原因・治療法はタイプによって変わります。尿失禁の症状がありながら「出産を経験したから」「年だから」とそのままにして我慢している女性も少なくありませんが、生活に支障を感じるなら、思いきって医療機関を受診してみることも必要です。

症状

【腹圧性尿失禁】

咳やくしゃみをした瞬間や、重いものをもったとき、激しい運動をしたときなど、お腹に力がかかったときに尿がもれます。もれる量は尿パッドをあてていれば気にならないという程度から、ひどくなると歩くだけでもれてしまうというケースもあります。

【切迫性尿失禁】

突然、強い尿意を感じて、トイレに着くまで我慢できずに尿がもれてしまいます。水仕事をしたときや、帰宅したとたんにトイレに行きたくなり、わずかな時間なのに間に合わないといった特徴があります。切迫性尿失禁は、自分の意志では何ともコントロールのつかない尿もれであり、外出先で恥ずかしい思いをしたのが原因で家に閉じこもってしまう人もいます。

原因

【腹圧性尿失禁】

このタイプの尿失禁は出産や肥満、重度の咳や腹圧がかかる労働、加齢などにより、骨盤底筋が弱くなることで起こります。膀胱の出口部分がゆるくなり、尿が漏れやすくなっています。

【切迫性尿失禁】

骨盤底が弱くなっている他、尿意を感じる脳や神経の伝達障害、膀胱の知覚過敏(過活動膀胱)、膀胱炎、膀胱結石などさまざまなケースがあります。基本的には、膀胱が自分の意志とは無関係に縮みやすくなっている状態が切迫性尿失禁を引き起こします。

治療法

治療法
治療に先立って、まずどのタイプの尿失禁かを見極める診察や検査を行います。内診や尿検査と併せて、排尿日誌に記録をつけたり、パッドをあてて失禁量を調べるパッドテスト、超音波検査などがあります。その結果、尿失禁のタイプと症状に応じて、次のような治療が行われます。

【骨盤底筋体操】

多くの尿失禁に効果がある理学療法が、骨盤底筋体操です。弱くなっている骨盤底筋群の筋肉を鍛えることで尿失禁を防ぐ方法です。年齢を問わず誰でも行える簡単な体操ですが、特定の筋肉をきちんとしたトレーニングをしないと効果がえられないため、専門家の指導に従って行うようにします。

【薬物療法/生活指導】

体操と併せて、膀胱の緊張をゆるめる薬や、膀胱や尿道の内圧を高める薬を服用する場合もあります。また、肥満や飲水量が過度に多い方などに生活指導を行うこともあります。

【手術療法】

TVT手術キット
TVT手術キット

腹圧性尿失禁で、尿失禁の症状が重い場合や、骨盤底筋体操で効果が得られないときは手術療法を行います。腹圧性尿失禁の治療法として一般的なのは中部尿道スリング手術(TVT手術、TOT手術、筋膜スリング手術)で、尿道に細いテープをかけて、腹圧がかかったときだけ尿道を締めるようにする手術です。四谷メディカルキューブではこの手術を年間100件以上行っており、手術時間は約10分と短く、長期成績も良好です。経腟手術で開腹の必要はなく、手術による体の外に見えるキズは、下腹部の恥骨直上付近に約5mmの小さなキズが2ヶ所のみでほとんど目立ちません。1泊2日の入院で治療を行っており、退院後6週間は重いものを持つなどのお腹に力が入る動きを避けていただきますが、日常生活は可能です。

手術までの流れ

1Swanの会への参加

当院での治療を希望される場合は、症状やお悩みを詳しくお伺いしたいため、受診前にグループ相談会への参加をお願いしております。以下すべてに該当する方は参加不要です。
① 他院で診断を受け、当院で手術希望の方
② 当院への紹介状をお持ちの方
TEL:03-3261-0414(受付時間:9時~17時/日・祝除く)

2外来

症状についてお伺いし、必要に応じて各種検査を行ったうえで、尿失禁の治療方針を決定します。

3手術(手術適応となった場合)

初診から1-2ヶ月ほどで実施可能です。 手術日の当日に入院して頂きます。手術実施時間帯は必ずご家族に病室にて待機して頂きます。

【シネMRI正常の動画】

【シネMRI腹圧性尿失禁の動画】

手術費用(概算)

手術費用(概算)
手術費用(概算)

TVT手術・TOT手術

入院予定期間3割負担概算金額
2日間 14万円

※保険の負担割合は患者さまによって異なります。
※保険診療のため、高額療養費制度の対象となります。